「ファイナルファンタジーXIV」の最新情報を伝える番組、「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」が、2020年7月22日(水)よる8時から配信。出演は、プロデューサー兼ディレクター吉田直樹、グローバルコミュニティプロデューサー室内俊夫。

「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」では、パッチ5.3実装コンテンツ特集part2と題し、パッチ5.3「クリスタルの残光」で実装されるコンテンツを実機プレイを交えて紹介。

後半部分では、蛮族クエスト:ドワーフ族、クラフター&ギャザラー関連アップデート、イシュガルド復興アップデート、セイブ・ゼ・クイーンアップデート、妖怪ウォッチコラボなどについて紹介された。

 

蛮族クエスト:ドワーフ族

・クラフター専用のクエストです。

・蛮族クエストのストーリーはキレが素晴らしい!

 

クラフター&ギャザラー関連アップデート

・素材ナシで製作を練習できるようになります。

 

・素材アイテムから作れるものが分かります。

・何のアイテムか分からないのをなくしていきたい!

 

・中間素材を無駄に買わなくても良いようになります。

 

・アイテムを自動で連続分解します。

・途中で中断することもできます。

 

イシュガルド復興アップデート

・イシュガルドに関するサイドストーリーがえがかれます。

・「蒼天のイシュガルド」をプレイしてきたからこそ味わえるようなストーリーがあります。

 

・新しいミニオンです。

 

セイブ・ゼ・クイーンアップデート

・奥に見える基地を陥落させるのが目的です。

 

突入条件とルール

・レベル80に達していなくても遊べます。サブジョブのレベリングにも使えます。

・全員、レベル80、アイテムレベル430になります。装備など事前の準備は必要がありません。

 

南方ボズヤ戦線での目的

・フィールドの雑魚敵で戦果を上げることはできません。フィールドに雑魚敵がいる意味は他にあります。

 

スカーミッシュとは

 

クリティカルエンゲージメントとは

・プレイヤーとのサイズ感注目です。

 

・帝国第IV軍団がピンチになると発生します。つまり”湧かせ”によって発生するコンテンツです。

 

クリティカルエンゲージメントの流れ

 

スクリーンショット

・一騎打ち。

 

・奥に見えているのが……

 

・最大のクリティカルエンゲイジメントです。

・48人で挑んでもらいます。

 

参加権の抽選について

 

ロストアクション

・ロストアクションやロックボックスなどは雑魚敵からも入手できます。

・フィールド上に雑魚敵がいる意味です。

 

実機映像

・南方ボズヤ戦線に突入。

 

・エーテライト

 

・レジスタンスの司令部付き将校

 

・レジスタンスランク

 

・ボズヤファインダー

 

・ロストホルダー
  →ロストアクションのホルダー

 

・ロストボックス

 

・「ロストシャード」を鑑定。

 

・レジスタンスのロックピッカー

 

レジスタンスウエポンのアップデート

・モブハントの様なレアモンスターもいます。

 

「妖怪ウォッチ」シリーズ産みの親。日野晃博/株式会社レベルファイブ代表取締役社長

 

妖怪ウォッチ エオルゼア大集合だニャン!

・約4年前(2016年7月26日(火)から)のイベント時に実装された各ジョブの武器。

 

・日野社長が紹介されている武器のイラストを実装したもの。

・踊り子が武器を持った際に、武器にデザインされている顔がどちら側に向くのかに拘って制作しました。

 

・約4年前(2016年7月26日(火)から)のイベント時に実装されたマウント。

 

・今回のイベントで新たに実装されるマウント。

・全てのジョブの武器をコンプリ―トすることで入手できます。

・本コラボでは、新生エリアのF.A.T.E.で「妖怪メダル」を集めることになりますが、
 パッチ5.3で、新生エリアでもフライングマウントで飛ぶことができるようになるため、移動が非常に楽になります。

 

ミニオン

 

ボズヤ装備

・汚れや質感に拘って作成しました。

 

イベントのスケジュール

・守護天節のイベント用に用意していたものをゴールドソーサーフェスティバルに詰め込みました。

 

ファンフェスティバルについて

・名古屋で開催を予定してた日本ファンフェスティバルについては中止にさせて下さい。

 

パッチノート朗読会

 

ゲームプレイ生放送のご紹介

・プロデューサーレターライブでは、機材トラブルなどで実機プレイができなかった場合に備えバックアップの動画を用意しています。

・北米のゲームプレイ生放送では、日本のプロデューサーレターライブで使用しなかったバックアップ用の動画を用いて放送を行っています。

 

漆黒秘話

 

ブリングアーツ <ヤ・シュトラ>

 

マイスタークオリティ フィギュア <オメガ>

・「天野先生だったらどう描くだろう」というのに拘って作っています。

・一家にいちオメガ。是非検討して頂きたい!

 

リミックスアルバム

Pulse: FINAL FANTASY XIV Remix Album – ダイジェストPV
https://www.youtube.com/watch?v=aC30KG2MOus

 

最後に

吉田「パッチ5.3漆黒のヴィランズの完結を
 その耳に、目に、心に、焼き付けて
 さて、その先どうなるのかを楽しみに、
 お待ちいただけたらと思っています。
 よろしくお願いします」

 

 

※ 記事中の文言は、要約・補筆したものであり、発言を正確に抜粋したものではありません。

 

こちらの記事もおすすめです

「ファイナルファンタジーXIV」の最新情報を伝える番組、「第59回FFXIVプロデューサーレターLIVE」が、2020年7月22日(水)よる8時から配信。出演は、プロデューサー

 

公式サイトなど

https://www.twitch.tv/videos/687179077

 

主な資料画像

 

関連記事